HOME > 薬草・ハーブ・山野草画像集INDEX



クガイソウ

ゴマノハグサ科


クガイソウは東日本の高山に生えているので、
一般的には見ることの少ない植物でしょう。
クガイソウの名前の由来は層を成してつく輪生葉らしいです。
<九階草>

花期は7〜8月です。

高山の短い夏を彩る花のひとつです。






薬草としてのクガイソウ

薬用部分は根です。水洗い後、日干し。

リウマチ、関節炎、痛風、利尿に効きます。

(原色牧野和漢薬草大図鑑より)





そっくりなヤマルリトラノオ

これは、白馬五竜山野草園でみつけた

「ヤマルリトラノオ」という植物です。

8月ですから、近所の八方尾根などには

クガイソウが咲いているわけです。

わからない、わからない、どこが違うの?

同じ、ごまのはぐさ科らしいのだけれども。

ヤマルリトラノオ1

うーん、輪生葉が違うかな。

ヤマルリトラノオ2