HOME > 薬草・ハーブ・山野草画像集INDEX


マリアアザミ(オオアザミ)

キク科


マリアアザミっていうのはトニカクでかい!

もう空を見上げる感じで

「アザミに襲われるー」

と思うくらい大きいのが、マリアアザミです。

もうビックリしますよ。

マリアアザミはヨーロッパハーブ療法で使用されてきましたが、

健康食品としても使用されています。




マリアアザミ1



マリアアザミ2

薬用としてのマリアアザミ

胆石症、黄疸など肝臓の病気に使用されます。

但し
中国医学でもアザミの類は「大薊」「小薊」など利用されていますが、
いずれも寒涼性理(止)血薬としての利用になります。

つまり血液の熱を冷まし、お血をとるタイプの植物です。

マリアアザミの場合は中国医学での利用が無いので、
何とも言えませんが、
キク科の植物に涼血するタイプの植物が多いことから類推して
「多分、そういった方向なのではないかな?」と考えます。

ですから
同じ肝臓に良いとは言っても活血化お薬に分類される
ウコン、姜黄、ガジュツなどとは根本的にタイプが異なると推測します。


健康食品として
ウコン(キョウオウも)ガジュツイヌトウキ田七人参マリアアザミらが
「肝臓に良い」と、テレビ雑誌などで広く謳われ、
実際に愛飲者も多いようです。

しかしながら
これらはやはり、根本的に性質が異なる植物なので、
その性質の違いを見極めた上で、
慎重に飲用するべきではないかと思います。

マリアアザミ3



マリアアザミ4



マリアアザミ5

カチカチとしてプラモデルのような葉っぱです。

マリアアザミ6