HOME > 薬草・ハーブ・山野草画像集INDEX



トチバニンジン

(中)竹節参

ウコギ科

トチバニンジン1


トチバニンジン2


根っこが竹の節のようになっているので、竹節参とも呼ばれます。

同じ仲間で、朝鮮人参(オタネニンジン)よりも薬効が緩やかです。

トチバニンジンもまたウコギ科の植物で、

朝鮮人参、田七人参、エゾウコギ、タラノキ、ウド、ハリギリ、コシアブラ等と
同じ仲間です。

朝鮮人参というと、非常に強力で生命力タップリな感じがするのですが、トチバニンジンを見ると、あまりに細く、か弱く、繊細で、しかも育ててもなかなか大きくならないし、「よくこんな植物にエネルギーがあるもんだ。」と思ってしまいます。


トチバニンジン3



トチバニンジン4


トチの木の葉っぱに似ているので、トチバニンジンという名前がつきました。

トチバニンジンの葉っぱ


トチバニンジンの小葉は3〜7枚で構成されています。
縁には細かい鋸歯があります。

トチバニンジン5


トチバニンジン6


トチバニンジン7



トチバニンジン8

トチバニンジン9

トチバニンジン10



トチバニンジン11


トチバニンジンの生育地

山の奥地の、薄暗い林の中に生えています。

どうやら杉の木や赤松の木の暗い森の中が相性が良いみたいで、
、そういうところでよく見つける気がします。

トチバニンジン12