HOME > 薬草・ハーブ・山野草画像集INDEX




ニガカシュウ

ヤマノイモ科



ニガカシュウは山菜としても、薬草としても利用されています。
カシュウイモとも呼ばれています。

ニガカシュウはつる植物です

ニガカシュウの葉っぱは若いころは鋭利ですが、
大きくなるとまん丸になります。
オニドコロの葉っぱと似ていて、
見間違いやすいので注意です。
良く見ると葉脈が微妙に違います。















ニガカシュウの詳細


 

ニガカシュウの葉の裏



ニガカシュウやヤマノイモは茎の分岐に「むかご」という球のようなものをつけます。
「むかご」は山菜として賞味されます。




同じヤマノイモ科の植物でオニドコロという植物と似ています。
要注意です。写真の真中がニガカシュウで、
両側がオニドコロの葉っぱです。


オニドコロへリンク