HOME > 自然風景写真INDEX > 梅花藻の里INDEX



静岡県 柿田川




富士山に降り注ぐ雨や雪は、地中にしみこんで伏流水となり、長い間をかけて溶岩の割れ目のあちこちから湧水として噴出します。
 猪の頭湧水、忍野八海、三島市のあちこち、や柿田川等色々なところで噴出していますが、柿田川はその中でも、また日本でも最大のものです。但し、これらは年々湧出量が減少しています。柿田川はその水質から、静岡県東部35万人の飲料水として利用されています。そのため、保護活動も盛んで、上流部は人が入れない様になっています。
 柿田川には、三島梅花藻や、アマゴ、アユ、ヤマセミなどの生物が住んでいます。日本名水100選にも選ばれておりますが、その水質も悪化してきているのが気になります。















第一展望台から湧水池を望む
PENTAX67
RVP














展望台より
PENTAX67
RVP